二級ボイラー技士とは

2級ボイラー技士試験とボイラー実技講習会の画像

矢印 就・転職に有利で定年後の再就職準備にも!
二級ボイラー技士の仕事は軽作業が中心であり、就・転職に有利なことからも根強い人気のある資格です。さらに定年後の再就職準備にも活用できる資格として注目されています。ボイラー技士とは、冷暖房を使用する建物内の空気調節を管理する国家資格です。


【2級ボイラー技士の勉強法】

ユーキャンはこちら

通信教育はこちらから 通学講座はこちらから 関連書籍はこちらから

2級ボイラー技士試験とボイラー実技講習会の情報

【2級ボイラー技士試験の概要】

2級ボイラー技士とはビルやマンションのボイラーを管理する専門家で、その業務に従事するための国家資格として2級ボイラー技士があります。

ニ級ボイラー技士は建物管理関係の会社などを中心に就職・転職にも有利であるために人気の資格です。

また、ボイラー管理の仕事は中高年の求人も多く、定年後の新しい仕事探しにもオススメなのです。

2級ボイラー技士は一度資格取得をすると書き換えなどのない終身資格なので、定年後対策など将来設計を考えて取り組む受験者も多いようです。

2級ボイラー技士の試験日は毎月実施されています。

関東・近畿地区では毎月2回、その他地区では毎月1回の2級ボイラー技士試験が開催されます。

それだけに2級ボイラー技士の合格率は平成18年度で50.3%と他の国家資格と比較すると、合格率の高い資格であるといえます。

ニ級ボイラー技士の試験対策は過去問題や公表試験問題など問題集へのの取組みがメインになります。

実技試験のない5肢択一問題なので、合格に向けての勉強法は試験問題を繰り返し実践することなのです。

試験に出やすい問題を中心に編集されたテキストで勉強できる通信講座などもオススメです。

一発合格を目指すならばユーキャンなどの通信講座で試験問題に取り組む方が試験結果の合格率は高くなる可能性大です。

ポイントを絞った勉強法で2級ボイラー技士資格取得を目指しましょう。

【ニ級ボイラー技士の受講資格】

2級ボイラー技士には受験資格があります。

@学校教育法による大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校においてボイラーに関する学科を修め卒業した者で、その後3月以上の実地修習を経た者
Aボイラーの取扱いについて6月以上の実地修習を経た者
Bボイラー取扱技能講習を修了した者で、その後4月以上小規模ボイラーを取り扱った経験がある者
Cエネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)第9条第1項のエネルギー管理士(熱)免状【注3】を有する者で、1年以上の実地修習を経た者
D海技士(機関1、2、3級)免許を受けた者
Eボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が25u以上のボイラーを取り扱った経験がある者
Fボイラー実技講習を修了した者

などです。

ボイラーを取り扱ったことがない人でも、試験前に所定の実技講習を受けることで、受験資格を手にすることができます。

上記Fボイラー実技講習を修了した者、のことです。

これはボイラー未経験者に受験資格を与える為、都道府県労働局長が指定するボイラー実技講習会に参加して修了資格を得ることとなります。

ボイラー実技講習は各地によって詳細は異なりますが、受講日数はほぼ3日間で実技講習受講費用は15000万円〜20000円くらいとなっています。

各都道府県の詳細情報はそれぞれの受講概要をご確認ください。

勉強方法

【独学】資格関係の書籍を買うならネット通販
矢印の画像楽天BOOKS【2級ボイラー技士の試験対策】関連書籍・DVD

【通信教育】安心の通信教育
矢印の画像ユーキャンの通信講座を選ぶなら:TVCMでお馴染みのユーキャンの通信講座

ユーキャンはこちら


施設管理情報