電験三種とは

電験三種の勉強法の画像

矢印 電験資格保有者はまだ少なく求人ニーズも高い
電験三種は国家資格であり、工場などに設置する一定規模内の電気工作物に対して、電気が安全に使用されるように保安や監督・運営をおこなう仕事に必要となります。将来的にも求人ニーズは高く、就職・転職やキャリアアップに有効な資格として注目されています。また電験三種の資格取得後に所定の年数以上の実務経験を積み「就労証明」を得ることで電験二種資格を無試験で取得することも可能になります。


【電験三種の勉強法】

通信教育はこちらから 通学講座はこちらから 関連書籍ははこちら

電験三種の資格と勉強法について

【電験三種の資格とは】

電験三種とは、工場などに設置する一定規模内の電気工作物に対して、電気が安全に使用されるよう保安や監督・運営を実施する際に必要となる国家資格です。

電気保安の確保において電気事業法により電気工作物の工事・維持・運用には、電気主任技術者を選任しなくてはならないことが義務付けられております。

つまり電験三種の仕事内容は「電気工作物の工事・維持・運用」ということになります。

国家資格の「電験」はその扱いの範囲によって3つのランクに分けられています。

■第一種:全ての電気工作物の工事、維持及び運用
■第二種:17万ボルト未満の電気工作物の工事、維持及び運用
■第三種:5万ボルト未満の電気工作物の工事、維持及び運用(出力5千キロワット以上の発電所を除く

電験三種はその登竜門となる資格です。

電験三種を取得して所定の年数以上、実務に携わった「就労証明」があれば、電験2種資格を無試験で取得することも可能になります。

電験は資格取得の難易度が高いため、資格保有者がまだまだ少なく、将来的にも有望視されている資格の一つです。

それだけに求人募集は電気業界はもとより、ビル管理業界や建設業界からも多く求人されています。

電験3種を取得しておくと多くの求人の中から活躍の場が選べるというのが魅力ですね。

電験3種の難易度は高いのですが、それだけに就職・転職・昇進・昇給・異動にも有利なアピールポイントとなります。

難易度の高い資格だけに電験三種の勉強法についてしっかりと調べて、試験日に向け合格を目指していきましょう。

【電験三種の勉強法】

電験三種の勉強法については、先ず試験日から逆算して参考書や過去問などの問題にどれくらいのペースで取り組むかを決めなければなりません。

電験三種の試験内容は

■理論:電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測
■電力:発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気材料
■機械:電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理
■法規:電気法規(保安に関するものに限る。)及び電気施設管理
の4種類です。

電験三種の合格率は高くありませんので、通信教育や講習を受けにいく人が多いのです。

もちろん参考書と過去問題などの問題集を独学で取組み、受験して合格した人もいますが合格率を高めたいのならば通信教育などがオススメです。

最近の電験三種の出題傾向は高度な専門知識よりも、基礎学力の正確さを求める傾向にあります。

また試験問題の半分以上が計算問題となっているので、計算問題に重点を置いた予想問題に取組む勉強法が主流となっています。

電験三種の勉強法としては参考書や予想問題集の計算問題を中心に問題に取組み、計算のパターンに慣れてしますことが大切です。

しかしながら電験三種は合格基準が厳しい国家資格の試験なので、万が一に合格しなかった場合のことも考えておかなければなりません。

万が一不合格の科目があっても、電験三種は3年以内に4科目合格すればいいので2年以内に不合格だった科目を受験して合格すれば資格取得ができます。

電験三種はインターネットで受験申し込みや試験解答・合格者一覧の検索などができます。

インターネットを活用した勉強法や試験対策なども活用していきましょう。

勉強方法

【独学】資格関係の書籍を買うならネット通販
矢印の画像【電験三種の試験対策】関連書籍・DVD

【通信教育】安心の通信教育
矢印の画像ユーキャンの通信講座を選ぶなら:TVCMでお馴染みのユーキャンの通信講座

【通信講座】資格取得ならゼミネット自宅で取れる資格講座。授業そのまま自宅に配信!
矢印の画像電験三種3ヶ月コースもあり

【通信講座】国家資格・電気主任技術者試験合格対策の通信教育講座!
矢印の画像わかる!電験対策講座!
通信講座だから自分のペースでムダなく合格へ近づく!


電気業界のNEWS