福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーター試験の難易度と仕事・求人の画像

矢印 高齢者の方に住みよい暮らしを提案
福祉住環境コーディネーターの仕事は福祉と建築の専門的立場から体の不自由は人や高齢者の方が暮らしやすい生活環境を提案します。介護業界・建築業界・インテリア業界など多岐に渡っての活躍が期待できる資格です。 福祉住環境コーディネーター試験2級以上の有資格者は「住宅改修の理由書」を作成することが可能となり、より求人ニーズが高くなる資格となっています。


【福祉住環境コーディネーターの勉強法】

ユーキャンはこちら

通信教育はこちらから 通信教育はこちらから 関連書籍ははこちら

福祉住環境コーディネーターの試験について

【福祉住環境コーディネーターの難易度】

福祉住環境コーディネーターは福祉分野でも建築分野でも需要の高まっている資格です。

それだけに福祉住環境コーディネーターの資格検定試験を受験する人も増加傾向にあります。

2007年度に実施された2回の福祉住環境コーディネーターの資格検定試験受験者数は3級:25998人、2級:36743人、1級:1120人(実受験者数)となっています。

3級より2級の方が受験者数が多いのは、2級が専門的な知識を習得する内容であるため、介護・医療・建築関連の仕事や求人に直結できることが考えられます。

そんな福祉住環境コーディネーターの合格率は2007年度平均で、3級:41.2%、2級:19.2%、1級:5.9%人と難易度の高い資格となっています。

福祉・医療・建築業界からの求人は急増中である中、福祉住環境コーディネーターは合格率の低い難易度の高い資格であることから今が資格取得の絶好のチャンスです。

難易度が高いだけに試験対策はしっかりとしなければなりませんが、福祉住環境コーディネーター2級・1級に合格すれば、就職や仕事の昇進に活かせる資格となっています。

では、福祉住環境コーディネーターの勉強法と試験対策についてはどのようなものがあるのでしょうか?

【福祉住環境コーディネーターの勉強法と試験対策】

福祉住環境コーディネーターの勉強法は独学と通信講座を受講する2種類の方法があります。

独学で福祉住環境コーディネーター試験を受験する人も多いですが、基礎からしっかりと学びたい方はユーキャンなどの通信講座を利用する方が結果的に早く、そして確実に理解が進みます。

3級は基礎、2級は専門知識を身に付けなければなりません。

独学でも通信講座を利用しても何れにせよ、福祉住環境コーディネーターの過去問などの問題集や公式テキストを繰り返し勉強し、模擬試験などにも積極的に受験していくことが大切です。

福祉住環境コーディネーターは受講資格もなく、検定試験の試験日が年2回(1級は年1回)あるのでチャレンジしやすい資格ではあります。

しかしながら難易度は高い資格ではありますので、合格に向けての勉強法を決めてしっかりと試験対策しましょう。

【福祉住環境コーディネーター求人と仕事】

福祉住環境コーディネーターは福祉・医療・建築分野での求人が増えてきています。

福祉住環境コーディネーターの仕事は主に加齢や障害による体の変化に適応した住宅改修プランの作成です。

住宅に関わる仕事なので、建築・インテリア業界でも人気の資格となっています。

もちろん福祉用具や介護保険など福祉・介護・医療についても学びますので、そちらの業界でも活躍が期待されます。

学生のうちに福祉住環境コーディネーターの資格取得をすることで、就職活動のアピールにもつながります。

高齢者が増えてくる社会背景の中で、高齢者が住みやすい住宅環境を整える仕事である福祉住環境コーディネーターは社会的意義のある仕事だとも言えます。

合格率を見て受験を躊躇した人もいるかもしれませんが、難易度の高い資格だけに合格した時の喜びも大きいものがあります。

勉強方法

【独学】資格関係の書籍を買うならネット通販
矢印の画像楽天BOOKS【福祉住環境コーディネーターの試験対策】関連書籍・DVD

【通信教育】安心の通信教育
矢印の画像ユーキャンの通信講座を選ぶなら:TVCMでお馴染みのユーキャンの通信講座

【通信教育】介護・医療のことならニチイ学館
矢印の画像まなびネット:割引制度もあり。資料請求無料。

ユーキャンはこちら


介護NEWS


div>