販売士3級とは

販売士3級取得方法の画像

矢印 流通・小売業界で活躍する実力を!
販売士の資格は消費者ニーズが多様化する流通業界の中において様々な販売現場で活躍できる質の高い接客のスペシャリストとしてニーズの高い資格です。販売のプロであることを証明する販売士の資格は、流通業界にとどまらず営業職や就職を控える学生にも人気の資格です。


【販売士3級の資格取得方法】

通信教育はこちらから 通学講座はこちらから 関連書籍ははこちら

販売士3級の資格と試験勉強について

【販売士3級の試験概要とは】

販売士3級では顧客を考えた接客ができる販売員として「小売店舗で活躍できる販売のプロ」としてその能力が証明される資格です。

販売士の試験では接客方法をはじめ、マーケティング、商品の仕入れ&管理、陳列などの売り場作りなど小売業での実践理論が身に付きます。

販売士3級の資格を取ると上位資格の2級・1級へのステップアップとなり、小売販売のスペシャリストとして更なる向上も目指すことができます。

販売士検定の過去問解答をチェックすると、@選択肢から適当なものを選ぶ穴埋め式、A記述の正誤判断、B関係の深い語句や文章を選択する問題、の3種類の出題形式となります。

試験形式はマークシート方式による選択問題で各科目10問で合計50問です。

販売士3級の試験科目は「小売業の類型」「マーチャンダイジング」「ストアオペレーション」「マーケティング」「販売・経営管理」の5科目となります。

毎年2月と7月が販売士の検定試験となり、合格率は60.4%(第60回)です。

合格基準は、全科目100点満点で(1)全科目の平均点が70点以上、(2)50点未満の科目がないことです。

販売士の難易度は級が進むにつれ高くなり、2級では55.1%(第35回)、1級では11.8%(第35回)と合格率も下がっていきます。

販売士の検定レベルは1級から3級までの3つに分かれており、どの級からでも受験できますので自分の目標に併せて受験しましょう。

【販売士3級の試験問題】

販売士3級の試験問題については過去問などからその傾向を知ることができます。

販売士検定試験の問題と模範解答が日経MJに掲載されていたり、販売士検定試験問題集などが発売されています。

またユーキャンなどの通信教育や専門学校などで販売士検定3級の講座やコースを選択するという勉強方法もあります。

もちろん独学で販売士3級検定を受けて合格し資格取得する人も多数います。

勉強方法は参考書や書籍などを中心に繰り返し学習し、過去問などの問題集で模擬試験を繰り返しチャレンジすることで傾向と対策を習得していきます。

販売士の各レベルについては
@販売士1級:小売業経営に関する高度の専門的な知識を身につけ、経営計画を立案し、総合的な管理業務を遂行できる。 大規模小売店の店長や部長クラス、中小小売業の経営者クラスが対象。
A販売士2級:小売業について、主として販売に関する専門的な知識を身につけ、ある程度の管理業務を遂行し、かつ部下を指導することができる。売場主任、部課長など中堅幹部クラスが対象。
B販売士3級:小売店舗運営の基本的な仕組みを理解し、販売員としての基礎的な知識と技術を身に付けている売場の担当者などが対象。

となっています。

どの級からでも試験を受けることができますので、自分の目標とする販売士のレベルに応じて選択しましょう。

販売しには更新制度もありますので、資格取得後も5年毎に更新を続けましょう。

勉強方法

【独学】資格関係の書籍を買うならネット通販
矢印の画像楽天BOOKS【販売士3級の試験対策】関連書籍・DVD

【通信教育】安心の通信教育
矢印の画像ユーキャンの通信講座を選ぶなら:TVCMでお馴染みのユーキャンの通信講座

【通信講座】LECならWeb&DVDで自宅受講(只今30周年記念キャンペーン中)
矢印の画像LECの通信講座:販売士2級・3級


流通・小売のNEWS