ハングル検定とは

ハングル検定勉強法と日程の画像

矢印 人気・受験者数共に急上昇中のハングル検定
韓国語・朝鮮語の学習到達度を測ることを目的としてハングル検定。正式名称はハングル能力検定試験です。アジア圏でのビジネスチャンスを求めて英語に続く第2外国語として人気も受験者数も急上昇中です。ハングル検定には7段階のレベルがあり、2級以上を取得するとビジネスシーンでも活躍できる能力があると評価されます。また、最近は韓流ブームや韓国文化の浸透に伴い趣味としてハングル検定を受検する人も増えています。準2級〜3級レベルで日常会話が可能な能力が身に付きます。


【ハングル語のお手本】

通信教育はこちらから 通学講座はこちらから 関連書籍ははこちら

ハングル検定勉強法と日程

【ハングル検定の勉強法法】

ハングル検定(正式にはハングル能力検定試験)の勉強法について紹介します。

ハングル検定は堀越のりや阿部美穂子が取得したことでも知名度がどんどん上がってきました。

そんなハングル検定ですが、1級・2級・準2級・3級・4級・5級と階級が分かれての試験となります。

全ての試験に「筆記」と「聞きとり・書きとり」があり、1級には2次試験として面接があります。

ハングル検定の勉強法については独学とハングル語講座などの通信教育で勉強する方法の2種類があります。

独学でハングル検定合格を目指すならば、語彙と文法対策のテキスト「ハングル学習の手引き」がオススメです。

ハングル検定準2級から5級まで級別に語彙や文法対策が掲載されているので、検定試験対策には最適です。

単語と基本的な文法を記憶してからは、ハングル検定の過去問題集などの問題を解いて試験の傾向を把握しましょう。

また発音についてはCD付きの問題集や参考書が販売されていますので活用してください。

ハングル検定の独学勉強法の基本は暗記です。

ハングル語の単語や文法をしっかりと暗記して、基礎を築きましょう。

基礎ができると級が上がっても適応力がつきます。

またハングルの基礎を身に付けるという意味でも通信教育などのハングル講座を受講するのも合格への早道だと思います。

ハングル検定の試験対策や傾向も講座でのノウハウが活用できますので、独学で学ぶよりも効率良くできる勉強法といえるのです。

【ハングル検定の日程と併願申し込み】

ハングル検定の日程は6月と11月の年2回の試験日程となります。

願書申込みは試験の三ヶ月程度前から受付していますので、お早めにお申込みください。

そして試験会場は、札幌(北海道大学:全級)、盛岡(いわて県民情報交流センター・アイーナ:全級)、仙台(東北外国語専門学校・五橋校舎:全級)、埼玉(獨協大学:準2級〜5級)、千葉(千葉経済大学:全級)、東京(東洋大学・白山キャンパス:全級)、西東京(東京学芸大学小金井キャンパス:準2級〜5級)、神奈川(神奈川大学・横浜キャンパス:全級)、新潟(県立新潟女子短期大学:全級)、富山(富山県立伏木高等学校:準2級〜5級)、静岡(静岡県立大学:準2級〜5級)、名古屋(同朋大学:全級)、京都(同志社大学・京田辺キャンパス:準2級〜5級)、大阪(関西大学・天六キャンパス:全級)、神戸(甲南大学:全級)、広島(広島大学・東広島キャンパス:全級)、山口(山口県立大学:全級)、愛媛(松山大学:全級)、福岡(九州大学・六本松地区:全級)、大分(立命館アジア太平洋大学:全級)、鹿児島(鹿児島県立開陽高等学校:全級)、沖縄(沖縄県男女共同参画センター・「てぃるる」:準2級〜5級)
*試験日程により会場が異なる場合がありますので、ハングル能力検定協会ホームページにてご確認ください。

また、ハングル検定は隣接級との併願が可能です。

検定料はそれぞれに必要となり、願書1枚で一括での申込みとなります。

勉強方法

【独学】資格関係の書籍を買うならネット通販
矢印の画像楽天BOOKS【ハングル検定勉強法】関連書籍・DVD

【通信教育】忙しいあなたには自分のペースで勉強できる安心の通信教育
矢印の画像ユーキャン:TVCMでお馴染みのユーキャンの通信講座は100種類以上の豊富な講座から選べます。

【通学講座】勉強するなら通学でみっちりしたい派のあなたには
矢印の画像資格・スクール情報サイト【BrushUP学び】:左カラムの「語学・語学教師・翻訳、通訳」をクリック!


【韓国について】