ハーモニカの吹き方:初心者練習法とは

ハーモニカの吹き方:初心者練習法の画像

矢印 気軽に始められる生涯の楽しみ【ハーモニカ】
誰しも一度は吹いてみたことのあるハーモニカ。おそらく幼少の頃に童謡をハーモニカで奏でたのではないでしょうか。あれから数十年。忙しい日常生活の余暇を楽しむ気軽な癒しのツールとしてもう一度ハーモニカを吹いてみませんか!?


【ハーモニカの吹き方勉強法】

ユーキャンはこちら

通信教育はこちらから 通学講座はこちらから 関連書籍ははこちら

ハーモニカの吹き方について

【ハーモニカの吹き方:初心者練習法】

ハーモニカの吹き方は多くの人が小学校で習ったので吹けるはずです。

しかし、ゆずや長渕のように初心者の人が吹けるかというと吹けません。

ハーモニカの演奏にはベンドなどのテクニックがあったり、クロマチックハーモニカやブルースハーモニカなど種類があったりします。

初心者の人は譜面を見ながらハーモニカの練習曲を練習していくことになりますが、ハーモニカの演奏方法や基礎を学ばなければそれこそ小学生のハーモニカのようになってしまいます。

ハーモニカの基礎は独学で学ぶことも可能ですが、ハーモニカ初心者の人はできれば正しい基礎をしっかりと学んだ方が後々の上達具合が変わってきますのでハーモニカ教室や通信講座などを利用することをオススメします。

例えば通信教育のユーキャンではハーモニカ講座で、スズキ・ハーモニカを使って、のべ55曲の練習曲を練習することで複音ハーモニカの吹き方を学びます。

全練習曲に音の配列表という図解入りのイラストがあり、初心者でもどこを吹けば良いのかが分かりやすくなっています。

ハーモニカと譜面を購入するつもりで通信講座に申し込んでもいいかと思います。

通信教育ではハーモニカ教室のように通う必要がありませんので便利なのですが、自宅でハーモニカを演奏するのが気兼ねする人は教室などに通った方がいいかもしれません。

【ハーモニカの種類と練習曲】

ハーモニカ初心者の人は吹き方ばかりに興味がいってしまいますが、ハーモニカの基礎や手入れの仕方もしっかり学ぶべきなのです。

ハーモニカには複音ハーモニカと単音ハーモニカがあります。

複音ハーモニカはトレモロ・ハーモニカとも言われ、1音につき2枚のリードがありわずかにピッチをずらして調律してあるため微妙にビブラートがかかることで豊かな響きを生むハーモニカです。

単音ハーモニカの「ダイアトニック・ハーモニカ」は主にブルースに使われることからブルースハープとも言われます。

同じく単音ハーモニカのクロマチックハーモニカはクロマチック(半音階)を全て出す事が出来る一音につき一枚のリードが鳴るハーモニカのことです。

ハーモニカ右端のスライドレバーを押す事により#(シャープ)や♭(フラット)を出す事ができます。

日本では主に複音ハーモニカが使われています。

ハーモニカ初心者の練習曲は童謡などが多いです。

簡単で親しみやすいメロディーラインと誰もが知っていることから初心者向けの練習曲として練習されることが多いのです。

もちろん上達してくれば、ゆずや長渕、ミスチルからビートルズまでたくさんの練習曲がありますので、楽譜を購入するか耳コピで吹き方を学ぶかできるようになります。

勉強方法

【独学】資格関係の書籍を買うならネット通販
矢印の画像楽天BOOKS【ハーモニカの吹き方】関連書籍・DVD

【通信教育】忙しいあなたには自分のペースで勉強できる安心の通信教育
矢印の画像ユーキャン:TVCMでお馴染みのユーキャンの通信講座は100種類以上の豊富な講座から選べます。

【通学講座】勉強するなら通学でみっちりしたい派のあなたには
矢印の画像全国のハープ教室一覧はこちらから

ユーキャンはこちら


【童謡について】