介護事務管理士とは

介護事務管理士の資格と仕事内容の画像

矢印 介護サービスをサポートする資格
介護事務管理士の仕事は介護サービス費用をまとめたり、介護報酬請求に関わる書類(レセプト)を作成するのが主な仕事です。日本では高齢化が進み、介護保険の施行以来介護に関連するサービスのニーズと求人が増加しています。今後も増加傾向にある介護関連需要において介護サービスをスムーズに行うために、介護事務管理士はこれからますます必要とされる職種となります。


【介護事務管理士の勉強法】

ユーキャンはこちら

通信教育はこちらから 通信教育はこちらから 関連書籍ははこちら

介護事務管理士の難易度

【介護事務の仕事】

介護事務の資格を活かした仕事は介護保険制度のスタートにより求人が急増し需要が高まっています。

介護事務の仕事には、レセプト作成が主な仕事です。

他にもケアマネージャーのサポートなどを行っていきます。

介護サービスや利用者の増加でケアマネージャーも多忙を極める中、専門スタッフとして介護事務の仕事の需要が年々高まっています。

介護事務管理士の資格を取得して転職や就職する人も増え、全国各地の介護保険施設や訪問看護ステーション、保健福祉センター、ホームヘルパー派遣会社など幅広く求人募集がされています。

介護事務の給料や給与が気になる人も多いようですが、各施設での雇用形態によって異なります。

介護事務の求人情報などは求人情報誌や求人募集サイトなどから申し込むことができます。

その際のチェックポイントは給料や給与などの収入もそうですが、仕事内容をしっかりと確認しましょう。

求人情報の介護事務の仕事内容と実際の仕事内容とでは、ケアマネとの関わりなどで違ってくることもあり得ます。

就職や転職の面接時にその施設の介護事務の仕事内容についてはしっかりと確認しておきましょう。

介護施設の増加傾向に伴い介護事務の求人需要も高まっているので、求人企業にアピールするには介護事務管理士の資格を取得してしておきたいところですね。

【介護事務管理士の資格試験と問題集】

介護事務管理士の資格取得を目指すための勉強としては「介護保険の仕組み」「ケアプランと給付管理」「介護レセプト作成」について勉強する必要があります。

資格取得に向けては通信教育講座を受講して、そこで配布される問題集やテキスト・本を利用して勉強する方法が主流です。

もちろん独学で問題集や試験問題を勉強して認定試験を目指す方もいます。

介護事務管理士の資格は介護事務の仕事がレセプト作成が中心なことから、介護レセプト作成の確実な知識と作成能力を身に付けるには認定を受けることをオススメします。

介護事務の認定試験は、葛Z能認定振興会が実施しており、受験者数は年間6500人で年々増加傾向にあります。

介護事務管理士技能認定試験は、毎年奇数月(1月・3月・5月・7月・9月・11月)の年6回実施されます。

介護事務管理士技能認定試験の合格基準は、学科:100点満点中70点以上、実技:満点中70%以上となっています。

その合格率は60.7%(平成18年度)となっています。

学科にはレセプトの作成も含まれていますので、試験問題の参考書など中心に実践を重ねましょう。

専門学校のサイトや口コミ情報などもネットで調べてみると認定試験の難易度や試験内容についてのいろいろな情報が集まりますのでチェックしてみてください。

勉強方法

【独学】資格関係の書籍を買うならネット通販
矢印の画像楽天BOOKS【介護事務管理士の試験対策】関連書籍・DVD

【通信教育】安心の通信教育
矢印の画像ユーキャンの通信講座を選ぶなら:TVCMでお馴染みのユーキャンの通信講座

【通信教育】介護・医療のことならニチイ学館
矢印の画像まなびネット:割引制度もあり。資料請求無料。

ユーキャンはこちら


介護NEWS