マンション管理士とは

マンション管理士試験合格のコツの画像

矢印 マンションライフをサポートする専門家
いまや10人に1人は分譲マンション住いをしているという住宅事情の中で、マンション管理士はマンション管理の問題対処に努める専門家です。地域や自治体と密接にかかわる業務内容は将来性のあるユーティリティーライセンスといえます。マンション管理士の活躍の場は、不動産業界だけでなく、担保として物件の資産価値を審査する銀行や生命保険会社などにも広がっています。


【マンション管理士の勉強法】

通信教育はこちらから 通学講座はこちらから 関連書籍はこちらから

マンション管理士の難易度

【マンション管理士試験の概要】

マンション管理士は難易度の高い国家資格です。

マンション管理士試験の合格率は平成18年度で8.3%という超難関資格となっています。

マンション管理士の仕事は、マンションで発生する様々なトラブルを法的な見解からアドバイスし解決に導くコンサルタント業務です。

マンション管理を円滑に行うための国家資格なのです。

それだけにマンション管理士試験合格に向けての努力に励む人が増加中なのです。

合格率8.3%ということはマンション管理士の求人に対して資格保有者が不足しているということですから、転職や就職に有利な資格と言えます。

またマンション管理士は平成12年に新しく制定された国家資格なこともあり、将来性の見込める国家資格として求人サイドも注目しています。

もちろんその難易度の高さに比例して収入は期待できますし、年収UPを目指して転職したい人などにはマンション管理士は注目の資格と言えるでしょう。

マンション管理士の試験日は毎年11月下旬となっています。

受験資格は特に制限がありません。

試験科目は、@マンションの管理に関する法令及び実務、A管理組合の運営の円滑化、Bマンションの建物及び附属施設の構造及び設備、Cマンションの管理の適正化の推進に関する法律などです。

試験会場は札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡・那覇となっています。

受験料は9、400円で申込は各試験会場にお問い合わせ下さい。

マンション管理士試験についてはネットの掲示板などに体験談もありますので参考にしてみてください。

【マンション管理士資格と管理業務主任者】

マンション管理士資格と管理業務主任者は試験の主題分野が重なる部分が多いことから、効率よく勉強すればダブル合格の可能性があります。

どちらも解答しやすい4択のマークシート方式です。

マンション管理士試験合格のコツとしては、マンション管理士と管理業務主任者の双方を勉強することをオススメします。

管理業務主任者の仕事は管理委託契約時の重要事項の説明や組合に対しての管理状況の報告などがあります。

試験日は12月なので、11月にマンション管理士試験を受け、12月に管理業務主任者の試験を受けるというスケジュールです。

逆に管理業務主任者の試験に合格するとマンション管理士試験の一部を免除されます。

双方の資格を計画的に組み合わせて勉強に取り組むことが合格への効率の良いコツなのです。

マンション管理士の勉強法は独学で過去問や参考書などの問題集を勉強する方法よりも通信教育や講座などを有効利用する方が効率よく勉強できます。

マンション管理士だけでなく管理業務主任者との勉強を重ねて行うので、できるだけしっかりとした基礎と試験対策の元で勉強を進めたいところです。

試験日程も考慮したうえで、マンション管理士と管理業務主任者の双方を見据えて試験問題に取り組みましょう。

勉強方法

【独学】資格関係の書籍を買うならネット通販
矢印の画像楽天BOOKS【マンション管理士の試験対策】関連書籍・DVD

【通信教育】安心の通信教育
矢印の画像ユーキャンの通信講座を選ぶなら:TVCMでお馴染みのユーキャンの通信講座

【通信講座】Web&DVDで通信講座が受けられるLEC(只今30周年記念キャンペーン中)
矢印の画像マンション管理士サイトはこちら


管理に関する情報