家庭料理技能検定とはとは

家庭料理技能検定とはの画像

矢印 文部科学省後援の家庭料理技能検定とは!
文部科学省が後援する家庭料理技能検定とは、健全な食生活を支える家庭料理に関する知識と技能を証明する検定です。食生活に関する正しい知識がもてることと同時に、味がよく、見た目にも美しく、栄養バランスのよい料理が作れるようになることを目的とした40年以上も続く歴史のある検定です。


【家庭料理の勉強法】

通信教育はこちらから 通学講座はこちらから 関連書籍ははこちら

家庭料理技能検定とは

【家庭料理技能検定の概要】

家庭料理技能検定とは、健全な食生活を支える家庭料理に関する知識と技能を証明する文部科学省後援の資格です。

家庭料理技能検定は通称「料検」とも呼ばれ、英検・漢検等の14団体が加入している日本技能検定協会連合会からも推薦されている信頼の資格なのです。

家庭料理技能検定(料検)の目的は、

  • 食生活に関する正しい知識を持ち
  • 味がよく
  • 見た目にも美しく
  • 栄養バランスのよい
料理が作れるようになることです。

1、2級取得者の中には料理教室の講師として活躍されている方が大勢います。

家庭料理技能検定には1級・2級・3級・4級まであり、

3級・4級の試験会場は全国(約90会場)となりますが、2級は東京・大阪、1級は東京のみ開催となります。

家庭料理技能検定の試験は「実技」と「筆記」からなり、筆記試験はマークシート方式です。

家庭料理技能検定の合格ラインは各級7割程度(問題の難易度により変動する場合あり)となっています。

各級の受験資格はなく、どの級からでも受験することができ併願することもできます。

検定料は「4級:9,000円(4,500円)」「3級:12,000円(6,000円)」「2級:15,000円(7,500円)」「1級:17,000円(8,500円)」でカッコ内の金額は部分免除の場合の検定料です。

【家庭料理技能検定の試験対策】

家庭料理技能検定(料検)の試験対策において筆記は過去問中心の勉強になります。

家庭料理技能検定の問題が掲載された本としては、

  • 家庭料理技能検定テキスト4級・3級:2,520円(税込)
  • 家庭料理技能検定過去問題集2008(第19回〜第21回 全級収載):1,890円(税込)
  • 家庭料理技能検定学習ガイド1・2級:2,730円(税込)

などがあります。

家庭料理技能検定のホームページか大手書店で販売されていますので、過去問対策として活用しましょう。

また、3か月通信教育として「チャレンジ! 家庭料理検定〜基礎編〜」 ¥21,000(税込)も用意されています。

3・4級合格を目指す方におすすめの通信教育として料検3・4級合格に必要なポイントをまとめた「家庭料理技能検定学習ガイド」をテキストとして使用しています。

練習問題とチャレンジシートで効果的に学習できます。

気になる実技検定に必要な細かい手さばきまでしっかり見て確認できるビデオ付なのは嬉しい限りです。

丁寧な添削指導も付いていますので基本的な知識と技術が身につきます。

また、検定試験の事前対策として、料検合格対策講座【1・2級コース、3・4級コース】があります。

過去21回の実績を誇り、多くの料検合格者を輩出しているコース別講座は「1・2級コース」が2日間、「3・4級コース」は1日間の試験対策講座となります。

対策書籍・通信教育・講座の申込み・問い合わせ先は「女子栄養大学生涯学習センター」までお願いします。

勉強方法

【独学】資格関係の書籍を買うならネット通販
矢印の画像楽天BOOKS【家庭料理技能検定】関連書籍・DVD

【通信教育】忙しいあなたには自分のペースで勉強できる安心の通信教育
矢印の画像ユーキャン:TVCMでお馴染みのユーキャンの通信講座は100種類以上の豊富な講座から選べます。

【養成講座】勉強するなら通学でみっちりしたい派のあなたには
矢印の画像服部幸應の食育インストラクター養成講座

【通学講座】勉強するなら通学でみっちりしたい派のあなたには
矢印の画像自分磨き!スキルUP!資料請求≪無料≫:左カラム「料理・フード」をクリックしてください。


【お料理のお話】