消費生活アドバイザーとは

消費生活アドバイザー試験と難易度の画像

矢印 有資格者は主婦も多い!
消費生活アドバイザーは消費者と企業を結びつけるパイプ役として女性を中心に人気の資格です。消費生活アドバイザーの仕事は、消費者からの苦情や相談を受けたり、その生の声を企業に届けて商品開発のお手伝いをすることがメインです。女性が有資格者の6割以上を占め、主婦が再就職に向けて取得する資格としても人気です。


【消費生活アドバイザーの勉強法】

通学講座はこちらから 関連書籍ははこちら

消費生活アドバイザーの資格と試験勉強について

【消費生活アドバイザーの難易度】

消費生活アドバイザーは我々「消費者」と「企業や行政等」との“かけ橋”として、企業や行政機関、各種団体などで幅広く活躍する仕事です。

消費生活アドバイザーは商品・サービスに関する苦情・相談対応などの業務にあたることで求人ニーズが高まっています。

そんな求人ニーズの高い消費生活アドバイザーの合格率は平成18年度で19%です。

消費生活アドバイザーの難易度は高いですね。

消費生活アドバイザーの合格率が19%と難易度の高い資格ですが、それだけに有資格者不足で求人ニーズが高いのです。

消費生活アドバイザーの試験範囲は過去問題からするとかなりの広範囲と言えます。

1次試験は、
@消費者問題
A消費者のための行政・法律知識
B消費者のための経済知識 C生活基礎知識

と、4科目ですが一つ一つの出題範囲が広いのです。

そして2次試験(1次試験合格者に対して実施)は小論文と面接となります。

就職や転職にも有利な資格だけに消費生活アドバイザーの資格は今後も人気の資格と言えそうです。

また、試験の難易度もすぐには下がらないと予測されることから合格率も上がらずに、当分は求人ニーズの高い資格であると思われます。

また、試験合格者の64%が女性であることからも、今後も女性の資格取得候補として人気が続くでしょう。

では、消費生活アドバイザー試験合格に向けての試験対策はどのようにすればよいのでしょうか?

【消費生活アドバイザー試験対策】

消費生活アドバイザーの試験は合格率の低さから難易度が高いと思われがちですが、定員制ではありませんので試験範囲をしっかりと身に付けておけば初挑戦での合格も可能です。

しかも一次試験の大半が択一式や語群選択穴埋め問題となりますので、如何に幅広い試験範囲をカバーできるかが試験合格へのポイントとなります。

消費生活アドバイザーの勉強法としては独学で過去問題集や参考書などの問題集をする方法もありますが、やはり通信講座や通学などの方法がオススメです。

理由は試験範囲の広さから問題の重要度を選別して、優先順位をつけながら試験対策をすることが効果的であるからです。

試験問題の重要度は過去問題などの傾向から分析するノウハウが必要となり、そうなると独学で自分ひとりでするには厳しいです。

通信教育や通学講座などで用意されている予想問題テキストを学習することで合格の可能性は上がってくると思われます。

また、小論文と面接についても通信講座や通学講座などで添削してもらった方が、効率の良い学習ができます。

ユーキャンなどでは模擬試験なども用意しているので、自分に合った学習方法をしっかりと下調べして消費生活アドバイザー合格ラインをクリアしましょう。

勉強方法

【独学】資格関係の書籍を買うならネット通販
矢印の画像楽天BOOKS【消費生活アドバイザーの試験対策】関連書籍・DVD

【通信教育】資格取得・スクール・通信教育情報サイト【BrushUP学び】
矢印の画像資格・スクール情報サイト【BrushUP学び】:左カラムの【ビジネススキル・経営】をクリック。資料請求無料。


生活の最新情報