色彩検定とカラーコーディネーター検定とは

色彩検定とカラーコーディネーター検定の違いとは?の画像

矢印 色彩検定とカラーコーディネーター検定の違いは何?
カラーコーディネーター検定は主に「流通・建築・デザイン関係」の方が受験する傾向にあり、色彩検定は「服飾・インテリア・グラフィック・美容関係」の人が受験する傾向となっています。同じ色を演出する資格でも、活かす職場・業界によって必要な知識は変わってきます。自分が活かしたいジャンルによって色彩検定かカラーコーディネーター検定のどちらを取得するのかを決めましょう。


【色彩検定とカラーコーディネーター検定の資格取得方法】

通信教育はこちらから 通学講座はこちらから 関連書籍ははこちら

色彩検定とカラーコーディネーター検定の違いについて

【カラーコーディネートの資格とは】

カラーコーディネートの資格を身に付けるということは、ファッションやメイクアップのセンスを向上させてくれます。

カラーコーディネートの資格は、アパレル業界やインテリア業界・美容業界などへの就職・転職にも有利な資格として人気です。

  • どのような色が好まれるのか?
  • 対象の条件や目的に適合する色とは?
  • 商品やサービスのもつ色彩的特性は?
  • 快適な行動空間をサポートできる色とは?

カラーコーディネートの資格を身に付けた人は、色彩の知識で私たちの日常生活をより豊にしていくために課題に答えられる人として活躍できます。

生活の中で「色」を「作り」「見せ」「演出し」、色彩が持つの魅力を最大限に引き出す技能や能力を身に付けて。

それがプロのカラーコーディネーターなのです。

また、仕事してカラーコーディネーターの道を歩むのでなく、自分のために色の知識を学ぶ人も多いのです。

自分や家族が似合うファッションが感覚的なものから、論理的な知識に裏付けされたファッションセンスが身に付きます。

もちろんファッションだけでなく、メイクやインテリアなどでも利用でき、あなたの生活環境を変えてくれます。

このようにプロとしても個人としてもカラーコーディネートの資格は、自由に色を操り日常生活に鮮やかな演出を作りだせます。

結婚・出産・育児で一時的に仕事から遠ざかっている女性もその間が資格取得のチャンスです。

ビジネスシーンでも「接客・販売」「ファッション・メイクのスタイリング」「建築・インテリアの色彩計画」「 街づくりなどの色彩環境」など数多くの分野でその技能は求められています。

そのため再就職の求人募集でも有利な資格として注目されています。

【カラーコーディネーター検定と色彩検定の違いは?】

カラーコーディネーター検定と色彩検定の違いは何?と疑問に思う人が多いようです。

カラーコーディネートの資格を取ろうとした時にどちらの資格試験に申し込めばよいのか迷ってしまいます。

カラーコーディネーター検定と色彩検定の違いを説明しましょう。

カラーコーディネーター検定とは東京商工会議所が主催であり、主に「流通・建築・デザイン関係」の方が受験する傾向にあります。

色彩検定とは全国服飾教育者連合会(A・F・T)が主催しており文部科学省後援の検定試験です。

主に「服飾・インテリア・グラフィック・美容関係」の人が受験する傾向となっています。

カラーコーディネーター検定の合格率は「3級:58.8%、2級:32.4%」で、色彩検定の合格率は「3級:72.8%、2級:56.1%」となっており、カラーコーディネーター検定の方が合格率が低くなっています。

カラーコーディネーター検定と色彩検定の勉強内容は基礎的な部分は共通することが大半ですので、両方の検定試験を受験する人も多いようです。

勉強方法

【独学】資格関係の書籍を買うならネット通販
矢印の画像楽天BOOKS【色彩検定とカラーコーディネーター検定の試験対策】関連書籍・DVD

【通信教育】安心の通信教育
矢印の画像ユーキャンの通信講座を選ぶなら:TVCMでお馴染みのユーキャンの通信講座

【通学教育】習い事探しは−ケイコとマナブ.netプレシャスライフで
矢印の画像ケイコとマナブ.net Precious Life:サイト内の検索窓から「色彩検定」「カラーコーディネイト」で検索。資料請求無料。


色のお話