測量士補とは

測量士補の試験合格術の画像

矢印 安定した地位と収入が望める資格
測量士補の資格は建築・土木建設工事の基本となる測量専門技術者として欠かすことのできない重要な資格です。公共事業関係の仕事も多く、安定度の高い職種として人気の資格です。それだけに測量士補の資格保有者は就職・転職に有利な資格として注目を集めています。


【測量士補の試験合格術】

通信教育はこちらから 通学講座はこちらから 関連書籍ははこちら

測量士補試験の資格と勉強法について

【測量士補の試験合格術は!?】

測量士補の試験に合格するための勉強法で大切なのは過去問題などの問題集を繰り返し勉強する方法です。

測量士補の試験問題は過去問の傾向から試験対策をすることが効果的に合格点をクリアするポイントです。

ちなみに測量士補の合格率は平成19年度で24%でした。

測量士補に登録するためには国土地理院が行う測量士補試験に合格する必要があります。測量士補試験には独学で試験対策を行う人もいますが、初挑戦の人やなかなか合格ラインをクリアできない人は通信講座や専門学校などで資格取得に向けて頑張る勉強法がオススメです。

先ほども書いた通り、測量士補は難易度の高い国家資格です。

その分合格率も低く、独学では試験に合格できずに試験対策に迷い、資格取得ができない人も多いようです。

測量士補の通信教育ではテキストを中心に試験問題のポイントや基礎をしっかりと学ぶことができます。

それプラスで独学で測量士補試験のの問題集や参考書に取組み試験対策をすることが合格ラインクリアへの早道とされています。

測量士補の資格取得で測量・建設会社などへの就職・転職に有利なことはもちろん、土地家屋調査士の午後の部試験が免除になるメリットもあります。

そのため土地家屋調査士資格取得の事前じ測量士補の資格を取得する人も多いようです。

求人と比較して資格取得者の少ない資格として、企業からの求人募集のニーズが高い資格が測量士補の傾向です。

転職や就職を有利に進めるためにも測量士補の資格取得はオススメです。

【土地家屋調査士の受験資格と試験問題】

測量士補の試験は毎年5月中旬の日曜日に行われます。

試験への受験申請は毎年1月〜2月にかけて申し込みの受付があります。

試験会場は平成20年度の試験では「北海道、宮城県、秋田県、東京都、新潟県、富山県、愛知県、大阪府、島根県、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県」の14箇所でした。

受験願書は、国土地理院及び各地方測量部・沖縄支所・各都道府県の土木関係部局及び(社)日本測量協会にて配布しています。

試験手数料は測量士補で2850円です。

電子納付の場合は値段が異なりますので詳しくは国土地理院のホームページにて確認してください。

また、社団法人日本測量協会では、「測量士・測量士補」の試験対策として「答案練習セミナー」を開催しています。

東京セミナーと地方セミナーがありますので日本測量協会のホームページにて詳細は確認できます。

同協会では測量士補国家試験受験参考書も過去問題などの試験問題が掲載されている参考書・問題集も発刊しています。

模範解答集や模範解説集などがありますのでこちらも活用すれば合格ラインへの道ができます。

測量士補の情報はWebでもいろいろとチェックできますので、なるべくwebで情報収集を行って参考にしましょう。

測量士補の試験日から逆算して試験対策に取り組んでください。

勉強方法

【独学】資格関係の書籍を買うならネット通販
矢印の画像楽天BOOKS【測量士補の試験対策】関連書籍・DVD

【通信教育】安心の通信教育
矢印の画像ユーキャンの通信講座を選ぶなら:TVCMでお馴染みのユーキャンの通信講座

【通信講座】LECならWeb&DVDで自宅受講(只今30周年記念キャンペーン中)
矢印の画像測量補士サイトはこちら


建築業界のTOPICS