土地家屋調査士の試験と年収とは

土地家屋調査士の画像

矢印 資格取得こそ成功へのパスポート!
土地家屋調査士は不動産表示登記申請のスペシャリストとして、数ある国家資格のなかでも有望な資格です。 独立開業が望める点でも狙い目の土地家屋調査士の試験は難易度も高くしっかりとした試験対策が必要です。 独学での受験勉強よりも通信教育や通学講座などを活用した勉強法が効率の良い受験対策と言えます。


【土地家屋調査士の勉強法】

通信教育はこちらから 通学講座はこちらから 関連書籍はこちらから

土地家屋調査士の試験と年収の情報

【土地家屋調査士の資格概要】

土地家屋調査士の仕事の役割は、不動産の表示に関する登記を所有者に代行して行う専門家です。

土地家屋調査士国家資格として難易度の高い、つまり合格率の低い資格として知られています。

それだけに土地家屋調査士の求人募集ニーズは高く、年収も平均で1千万円以上とされています(土地家屋調査士会連合会より)。

土地家屋調査士の年収と合格率については密接な関係があるということですね。

年収の高い国家資格だけに試験問題も難易度が高く合格率も一桁台ということになっています。

難易度の高さから受験者数も年々減少傾向にあり、それがさらに求人ニーズを高めて仕事の報酬UP・平均年収UPの傾向に拍車をかけている状況です。

土地家屋調査士の仕事は独立開業して高収入が期待できる資格なので、参考書片手に何年も受験を続ける人もいます。

土地家屋調査士の資格を取得して土地家屋調査士会に登録すれば、不動産表示に関する登記を独占的に行うことのできる役割を担えます。

難易度の高い国家資格ですがチャレンジする価値は高いです。

【土地家屋調査士の試験対策と受験資格】

土地家屋調査士の難易度が高く合格率が低いのは分かりましたが、それでは試験を受けるにあたっての受験資格とはどのようなものでしょうか?

土地家屋調査士の受験資格は制限はありません。

そして試験問題内容は「筆記試験(午前試験と午後試験)」と「口述試験」となります。

ただし、測量士・測量士補、一級建築士・二級建築士の有資格者は「筆記試験の午後試験」が免除されます。

試験時期は筆記・記述試験が8月、口述試験が11月となります。

8月の筆記・記述試験合格者のみが口述試験を受験することができます。

土地家屋調査士の合格へのポイントはやはり「筆記試験の午後試験免除」です。

測量士・測量士補、一級建築士・二級建築士の資格を一つ持っていれば免除されるのですが、筆記試験の午後の部試験は難易度が高いために試験勉強の効率が悪くなるからです。

それ故に事前に「測量士・測量士補、一級建築士・二級建築士」の資格取得をして、土地家屋調査士記述試験午後の部の免除を受ける受験生が多いのです。

このように難易度の高い土地家屋調査士の資格だけに2段構えの試験対策で受験する人が合格への道を歩んでいます。

土地家屋調査士の試験問題対策はやはり通信教育などでしっかりと勉強するのが合格者となる確率が高いです。

通信教育ではユーキャンが有名です。

ユーキャンでは参考書やテキストの他にも、本試験に持ち込むことのできる「電卓やコンパス」、それに使いやすい「オリジナルの定規と分度器」などの『作図用具セット』も用意されています。

勉強方法

【独学】資格関係の書籍を買うならネット通販
矢印の画像楽天BOOKS【土地家屋調査士】関連書籍・DVD

【通学講座】大手通学講座
矢印の画像土地家屋調査士試験合格サイト 東京法経学院 :東京校・名古屋・大阪校・福岡校

【通信教育】安心の通信教育
矢印の画像ユーキャンの通信講座を選ぶなら:TVCMでお馴染みのユーキャンの通信講座


不動産ニュース