通関士とは

通関士@難易度と年収の傾向の画像

矢印 貿易に関する唯一の国家資格!
通関士は貿易に関する唯一の国家資格として流通・商社・メーカー・金融機関など広いジャンルの業界で求人があります。貿易立国である日本において通関士の資格は今後も益々の求人需要が見込める狙い目の資格です。通関士の仕事内容は輸出入の際に税関の許可を得るために必要な通関手続きを行うことです。税関検査の立会いや税関検査における不服申し立ての代理として意見・陳述を行うこともあります。


【通関士の勉強法】

ユーキャンはこちら

通信教育はこちらから 通学講座はこちらから 関連書籍はこちらから

通関士の難易度と年収の情報

【通関士試験の概要】

通関士の資格は国家資格でありその難易度も高いことで有名です。

ちなみに通関士の合格率は平成18年度試験では7%という難易度の高さでした。

インターネットの普及による世界的ビジネスの急速な発展に伴い、国際物流・通関手続に関する専門的知識を持った通関士の需要は今後ますます高くなっていきます。

それ故に企業からの求人募集のニーズも高く、通関士の給料や年収も年々増加傾向にあります。

そのため就職や転職のために通関士の資格取得を目指す人が増えています。

通関士の業務は申告・検査・関税納付・許可といった通関手続きを貿易業者に代わって行う仕事です。

ネットの普及や個人輸出入の拡大で、通関士の活躍の機会は益々増えています。

それだけ将来有望な資格なのです。

通関士の資格は難易度が高く合格率の低い国家資格だけに求人や年収も高いと言えるのでしょう。

通関士の試験は、合格者の定員が決まっているわけではなく合格ラインをクリアすれば資格取得ができます。

通関士の試験は毎年10月上旬です。

願書の提出は、書面と税関手続申請システムの2種類がありますので、どちらかの方法で期間内に願書提出をおえてください。

試験問題は@通関業法(択一式6問、選択式7問)、A関税法・関税定率法その他関税に関する法律及び外国為替及び外国貿易法、B通関書類の作成要領とその他通関手続きの実務の3科目です。

【通関士の試験対策】

通関士が難易度の高く合格率の低い資格であることは説明しました。

それだけに通関士の試験対策と勉強法についてはしっかりと計画を練る必要があります。

先ず一番最初に悩むのがその勉強法です。

独学で通関士の勉強をするか、それともユーキャンなどの通信教育やLECなどの学校で勉強するかです。

独学で勉強するには、過去問題などの問題集を解きながら模擬試験やセミナーなどを単発で受講するやり方があります。

通信教育や専門学校では、カリキュラムに合わせて通関士講座のテキストや問題集などに取組みながら合格に向けて誘導してもらいます。

どちらが通関士資格の合格率が高くなるかというと、やはり通信教育や学校に通う勉強法が可能性が高まります。

しっかりとした基礎学習と効果的な試験対策のノウハウが通信教育や学校にはあります。そのノウハウを活用することで通関士の合格率を高めていきましょう。 もちろん通関士を独学で合格する人もいます。

通信養育や学校は費用も掛かりますので、自分の環境に合った勉強法で通関士試験の合格を目指しましょう。

難易度が高いといっても合格する意欲を持って試験日までを前向きに取り組んでいきましょう。

通関士の試験や就職・転職についてはネットでいろいろと情報がありますので、情報収集を怠らずに継続的に調べていきましょう!

勉強方法

【独学】資格関係の書籍を買うならネット通販
矢印の画像楽天BOOKS【通関士の試験対策】関連書籍・DVD

【通信教育】安心の通信教育
矢印の画像ユーキャンの通信講座を選ぶなら:TVCMでお馴染みのユーキャンの通信講座

【通信講座】Web&DVDで通信講座が受けられるLEC(只今30周年記念キャンペーン中)
矢印の画像通関士サイトはこちら

ユーキャンはこちら


輸出入に関する情報